無料相談実施中 お気軽にお問い合わせください 03-3388-2021

菅原会計事務所 オフィシャルブログ

2014年2月 5日 水曜日

平成25年分確定申告の準備は整いましたか!

 平成25年分所得税の確定申告書の提出及び納付期限は、平成26年2月17日から3月17日までです。

◆確定申告が必要な主な人
 ①個人で事業を営んでいる人や不動産の賃貸収入がある人
②給与しかない人でも収入金額が2,000万円を超える人や給与や退職所得以外の所得金額が20万円超える人
③土地建物及び株式(上場株式等で一定の選択をした人は除く)並びにゴルフ会員権や金地金を譲渡した人
④同族会社の役員で、その会社から給与以外に貸付金の利子や事務所等の賃貸収入を得ている人
⑤公的年金等の収入金額が400万円を超える人、などです。
 また、
⑥平成25年中に住宅を取得しローン控除の適用を受ける人
⑦医療費や寄附金控除の適用を受ける人、災害、盗難、横領により生じた一定の資産の損失について雑損控除等の適用を受ける人も確定申告が必要です。

◆昨年と比べて変わった主な点
 ①復興特別所得税の創設
東日本大震災からの復興財源確保のため復興特別所得税が創設されました。平成49年までの25年間に亘ります。復興特別所得税の額は、基準所得税の額の2.1%相当額です。
 ②給与所得控除の上限設定
給与等の収入金額が1,500万円を超える場合の給与所得控除額について、245万円の上限が設けられました。
③特定支出控除の見直し
 税理士、公認会計士、弁護士などの資格取得費、勤務必要経費(図書費、衣服費、交際費)が追加されました。また、適用判定の基準が給与所得控除額の2分の1に縮減されました。
④特定役員の退職所得課税の改正
勤続年数5年以内の法人役員等の退職所得について、2分の1課税が廃止されました。
⑤国外財産調書制度の創設
 12月31日において5,000万円を超える国外財産を有する場合には、国外財産調書を提出しなければならなくなりました。

◆準備すべき主な必要書類
1、所得控除他一般的なもの
 ①生命保険料控除証明書
②国民年金・年金基金の支払証明書
③地震保険料控除証明書
④医療費の領収書(平成25年中に支払ったものに限る)、
⑤寄附金の領収書及び証明書等
⑥雑損控除に関しては、損失額の明細書、罹災証明書、盗難証明書、災害関連支出の領収書、保険金で補てんされた金額がわかるもの
⑦住宅ローン控除(初年度適用時)に関しては、ローンの年末残高証明書、売買契約書・請負契約書、住民票、登記簿謄本など、です。
また、
⑧給与所得者は源泉徴収票
⑨年金所得者は年金等の源泉徴収票

2、不動産所得のある方
① 家賃の収入明細・通帳の写し
② 固定資産税の領収書
③ 火災保険料の領収書
④ 修繕その他諸費用の領収書
⑤ 地代家賃の支払明細
⑥ 借入金返済表

3、譲渡所得のある方
① 売却・購入時の契約書
② 売却・購入時の登記費用領収書
③ 仲介手数料・印紙代等領収書
④ 登記事項証明書
⑤ 自宅の場合住民票(除表)

4、事業所得のある方
① 各種帳簿
② 収入金額の明細
③ 必要経費の明細・領収書
④ 事業用預金通帳の写し
⑤ 売掛・買掛・未払費用明細
⑥ 固定資産台帳
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 菅原会計事務所 | 記事URL

  • 電話でのご相談 親切・丁寧に伺います。 営業時間:平日9~18時 03-3388-2021
  • 電メールでのご相談 インターネットからのお問い合わせはこちら