無料相談実施中 お気軽にお問い合わせください 03-3388-2021

生前贈与・贈与税

2015年2月 6日 金曜日

平成27年1月1日からの生前贈与 その2

2、一般の暦年贈与の税率改正
 平成27年分から、20歳以上の直系卑属(子や孫等で「特例贈与」という)以外の暦年課税の贈与を対象とした贈与税(一般贈与)の税率構造についても見直されております。

 <改正前の暦年贈与> 
基礎控除後の課税価格      税率(%) 控除額(万円)
200万円以下  10 ―
200万円超  300万円以下     15        10
300万円超  400万円以下     20        15
400万円超  600万円以下     30        65
600万円超  1,000万円以下  40       125
                     1,000万円超      50       225

<改正後~一般の暦年贈与> 
基礎控除後の課税価格        税率(%) 控除額(万円)
200万円以下  10 ―
200万円超  300万円以下      15         10
300万円超  400万円以下      20         25
400万円超  600万円以下      30         65
 600万円超  1,000万円以下 40       125
1,000万円超  1,500万円以下 45       175
1,500万円超  3,000万円以下 50       250
                        3,000万円超     55       400


そして、特例贈与財産と一般贈与財産がある場合の贈与税の計算が必要となる場合も出てきます。
その場合は、下記(A+B)が贈与税額となり、基礎控除後の課税価格は、(一般贈与財産の価額+特例贈与財産の価額)-基礎控除額となります。

A.基礎控除後の課税価格×一般贈与財産の税率×(一般贈与財産の価額/合計贈与価額)
B.基礎控除後の課税価格×特例贈与財産の税率×(特例贈与財産の価額/合計贈与価額)
 該当されます方は、ご注意ください。


投稿者 菅原会計事務所

  • 電話でのご相談 親切・丁寧に伺います。 営業時間:平日9~18時 03-3388-2021
  • 電メールでのご相談 インターネットからのお問い合わせはこちら