無料相談実施中 お気軽にお問い合わせください 03-3388-2021

財産評価

2018年7月30日 月曜日

相続税財産評価Q&A89 非上場株③

相続税財産評価Q&A 非上場株③

Q89
取引相場のない株式の評価に当たり,大会社,中会社,小会社のいずれに該当するかの判定の基準の一つである従業員数の数え方は,どのように行いますか。
また,下記の場合については,どのように考えるのでしょうか。
産休などで休職している場合
出向・転籍している場合

A89
従業員とは,評価会社に使用されている個人(評価会社の役員のうち一定の者を除きます。)で賃金を支払われる者をいいます。従業員数は,課税時期の直前期末以前1年間における従業員の人数をいい、具体的には,従業員をその勤務状況によって区分し,下記の合計によります。

直前期末以前1年間継続して勤務していた従業員(1週間当たりの所定労働時間が30時間未満の者を除く。)の数=A
                  
1週間当たりの所定労働時間が30時間未満の者については、年間労働時間数1,800時間をもって従業員1名とし、これらの者の全員の年間労働時間数を1,800で除して得た数=B

①産休などで休職している場合
産休などで休職している場合には,労働基準法等により,賃金等が保証されますが,直前期末以前1年間継続勤務していた者ではありませんので,上記表のBの区分に該当し,従業員数を計算することになります。
②出向・転籍している場合
従業員とは,評価会社との雇用契約に基づいて使用される個人で,賃金を支払われる者をいいます。したがって,出向であれば,出向元法人との間に雇用関係があるので,出向元法人において,原則として,上記表のAの区分に該当するものとして,従業員数をカウントすることになります。
また,転籍であれば,転籍先法人との間に雇用関係がありますので,基本的に,転籍先法人において,従業員数のカウントを行うことになります。しかし,課税時期の直前期末以前1年間において転籍した場合には,上記表のBの区分に該当するものとして,従業員数のカウントを行います。

投稿者 菅原会計事務所 | 記事URL

2018年7月23日 月曜日

相続税財産評価Q&A88 非上場株②

相続税財産評価Q&A 非上場株②

Q88
取引相場のない株式の評価に当たり,大会社,中会社,小会社のいずれに該当するかの判定の基準の一つである総資産価額は,株主総会で承認を受けた貸借対照表上の総資産価額のことを指すのでしょうか。
また,下記の項目については,どう調整するのでしょうか。
①減価償却を実行していない場合
②圧縮記帳で圧縮引当金を計上している場合
③貸倒引当金を計上している場合
④土地購入時の付随費用を損金経理し,別表四で加算調整を行った場合

A88
相続税関係個別通達「相続税及び贈与税における取引相場のない株式等の評価証明書の様式及び記載方法等について」によりますと,会社規模の区分の判定を行う場合の「総資産価額」は,課税時期の直前期末における各資産の確定決算上の帳簿価額の合計額となります。
①減価償却を実行していない場合
減価償却を実行していない場合であっても,償却限度額相当額を総資産価額から控除する必要はありません。前述したとおり,総資産価額とは,確定決算上の帳簿価額をいうのですから,確定した決算で減価償却費の計上を行っていない場合には,当然,調整する必要はありません。
②圧縮記帳引当金又は圧縮記帳積立金を計上している場合
圧縮記帳引当金を損金経理により計上している場合には,その金額は,総資産価額から控除する必要はありません。このことは,前述した相続税関係個別通達の注書として記載されております。また,利益又は剰余金の処分により圧縮記帳積立金として積み立てた金額及び圧縮特別勘定として繰り入れた金額も,同様に,総資産価額から控除する必要はありません。
③貸倒引当金を借方に計上している場合
貸倒引当金を計上している場合には,その金額は,総資産価額から控除しません。上記②と同様に,個別通達の注書に記載されております。したがって,借方に計上している場合又は直接控除して注記している場合には,貸借対照表の資産の部の合計金額は,貸倒引当金勘定の金額が控除されていますので,注意が必要となります。
④土地購入時の付随費用を損金経理し,別表四で加算調整を行った場合
土地を購入した際の仲介手数料等の付随費用は,土地の取得価額を構成します。その金額を損金経理した場合には,その金額は,税務調整項目として,別表四にて加算処理を行う必要がありますが,会社規模の区分の判定を行う場合の「総資産価額」は,あくまで,課税時期の直前期末における各資産の確定決算上の帳簿価額の合計額をいいますので,総資産価額に加算する必要はありません。

投稿者 菅原会計事務所 | 記事URL

2018年7月 9日 月曜日

相続税財産評価Q&A87 非上場株①

相続税財産評価Q&A 非上場株①

Q87
取引相場のない株式の評価に当たっては、評価しようとする株式の発行会社が、大会社、中会社、小会社のいずれに該当するかによって、評価方式は異なってきます。
また、大会社、中会社、小会社のいずれに該当するかの判定は、総資産価額、従業員数、取引金額によって行いますが、これらの基準金額等も、その会社の営む業種(卸売業、小売業・サービス業、それ以外の業種)に応じて異なってきます。
そこで、卸売業、小売業・サービス業の定義は、具体的にどうなっているのでしょうか

A87
卸売業、小売業・サービス業、その他の業種の区分は、原則として、総務省で公表している日本標準産業分類に基づいて判定することになります。
なお、日本標準産業分類によりますと、卸売業、小売業、サービス業とは、主に、次の業務を行う事業を指します。
卸売業
卸売業とは,主に次の業務を行う事業所をいいます。
小売業、又は他の卸売業に商品を販売するもの
・建設業、製造業、運輸業、飲食店、宿泊業、病院、学校、官公庁等の産業用使用者に商品を大量又は多額に販売するもの
・主として業務用に使用される商品{事務用機械及び家具、病院、美容院、レストラン、ホテルなどの設備、産業用機械(農業用器具を除く)など}を販売するもの
・製造業の会社が別の場所に経営している自己製品の卸売事業所(主として統括的管理的事務を行っている事業所を除く)
他の事業所のために商品の売買の代理行為を行い、又は仲立人として商品の売買の斡旋をするもの
小売業
個人用又は家庭用消費のために商品を販売するもの、及び産業用使用者に少量又は小額に商品を販売するものをいいます。
また,小売業は,通常取り扱う主要商品によって分類される場合と通常の呼称によって分類されるものとがあります。
サービス業
主として,個人又は事業所に対してサービスを提供する他の大分類に分類されない事業所が分類されます。

投稿者 菅原会計事務所 | 記事URL

2018年7月 2日 月曜日

国税庁 平成30年分路線価を公表

国税庁は、平成30年分の路線価を公表しました。下記リンクをご参照ください。

http://www.rosenka.nta.go.jp/

投稿者 菅原会計事務所 | 記事URL

  • 電話でのご相談 親切・丁寧に伺います。 営業時間:平日9~18時 03-3388-2021
  • 電メールでのご相談 インターネットからのお問い合わせはこちら