無料相談実施中 お気軽にお問い合わせください 03-3388-2021
HOME > 相続税申告

相続税申告

相続税申告の注意事項

相続税申告の注意事項

相続税の申告と納税は、相続が開始したことを知った日(通常は、亡くなった日)の翌日から10カ月以内に、亡くなった方の死亡時における住所地を管轄する税務署に対してされなければなりません。申告期限までに申告しなかった場合には、本来の税金以外に加算税・延滞税がかかりますので注意が必要です。

相続税はこうして計算する!!
 「相続税申告の進め方」 

1、ご相談

  相続人の方から財産・債務の概要や相続人の状況、遺言の有無などをお伺いしたうえ、申告・納税方法に至るスケジュール・報酬の見積もりをご提示します。
              報酬規程はこちら memo
                      

2、相続税申告に関する委任契約の締結

  相続人の皆様と相続税申告に関する委任契約を結び、相続人の代表の方をご指定いただきます。

                       

3、相続人の確定・遺産調査の資料収集

  被相続人と相続人全員の戸籍・除籍謄本等をお取り寄せいただき相続人を確定します。また、預貯金・不動産その他の必要資料をお預かりし財産・債務の明細を調査いたします。

                      
4、財産目録の作成と概算相続税額の提示

  財産目録を作成しお渡しします。また、概算の相続税額・相続税の特例・納税方法のアドバイスをいたします。

                      
5、遺産分割協議書作成のお手伝い

  遺産分割に必要な知識・情報等判断材料を提供し、相続人の総意に沿った参考案を提示します。相続人全員の意見が一致した場合に分割協議の文書化に協力します。
  なお、分割協議がまとまらない場合には、未分割のまま相続税の申告をすることになります。分割協議を成立させるため調停・助力したりすることはしません。この場合弁護士をご紹介することは可能です。

                      
6、相続税申告

 期限内に相続税の申告をいたします。また、納税方法もアドバイスいたします。延納や物納する場合のお手伝いも致します。

専門家による安心サポート 菅原会計事務所では相続の専門家である税理士が あなたの問題を解決いたします。 相談無料!お気軽にご相談ください!
  • 電話でのご相談 親切・丁寧に伺います。 営業時間:平日9~18時 03-3388-2021
  • 電メールでのご相談 インターネットからのお問い合わせはこちら